WEBライティング技能検定なら申し込み【基本的なことは学習済み】

記事リスト

試験の難易度や合格率

タイピング

甘くみている方が落ちる

経産省発行の資料にもWEBライティング技能検定について掲載もされる程注目されています。国家資格ではなく認定資格なのですが、だからと言って難易度が低いわけではありません。すでにライターとして始めている方でも、対策をとらずに受験する事は落ちる可能性は高いです。合格率はその試験の難易度をはかるパロメーターになります。WEBライティング技能検定では54%前後の合格率で推移しています。WEBライティング技能検定は過去20回程試験がありましたが、受験者の半数近くは毎年落ちている事になります。合格率ではかった場合、この試験の中難度に位置しており努力する事で合格できるレベルです。その為、ライターとして仕事しているから知識があると勘違いして無対策ですと落ちる可能性が高い試験です。試験内容は4択問題で基本的なWEB知識を問いますが、合格者のほとんどは満点で落ちた方も4択は高得点です。WEBライティング技能検定が何故それなりに不合格者を出しているかと言うと、実技ライティング試験が合否を握っているからです。実技ライティング試験では実際にテーマに沿った文章を作る事になります。この採点ですが減点方式が採用されており、注意事項の内容を理解していない事や誤字といった解答ミスが多い特徴があります。この様に決して難易度が高い試験ではありませんが、特殊な試験なので対策は必要です。合格率で判断するのではなく、一度は日本クラウドソーシング検定協会のホームページを確認する事が推奨されています。

Copyright© 2018 WEBライティング技能検定なら申し込み【基本的なことは学習済み】 All Rights Reserved.